キューブ フルモデルチェンジは2015年内!?

日産キューブは、フルモデルチェンジが2015年春だ!との予想を軽く裏切り、何も発表されず夏を迎えようとしています。それでも2015年内にフルモデルチェンジするだろうという予想が硬いです。

日産キューブ

現行モデルは3代目で2008年から販売されているモデルです。5ナンバーの5人乗り 排気量は1500ccで、競合はトヨタ ポルテ・スペイドあたりです。4WD仕様も、2代目まであった全長を伸ばした7人乗りのキューブキュービックも無くなってしまいました。

3代目は2代目よりも全長、全幅、全高全てを大きくし、キューブ独特の直立したウィンドーで居住性が非常に高いです。キューブの象徴 左右非対称なリアウィンドウデザインも健在です。横開きのバックドアは、狭い駐車場などで非常に使い勝手が良いです。

スポンサーリンク

V-Motionヘッドライトでキューブらしさが・・・

注目されているのが、日産の統一デザインモチーフとして発表されたV-Motion型のフロントデザインが採用されるか否かです。どんなデザインかというと、2013年から発売されているエクストレイルのフロントデザインのコンセプトがVモーションです。

となると、必然的にこれまでの角ばったキューブ型のデザインではなくなるわけです。

V-Motionデザインコンセプトが採用されるのか否かは注目です。

新型キューブ ダウンサイジングターボ 1.2L搭載か?

エンジンは、1.5Lからダウンサイジング化されて、ノートに採用されている直列3気筒1.2リッタースーパーチャージャーエンジンのHR12DDRが搭載されると言われています。

となると、現行のJC08モードで19.0km/Lが、25km/L前後まで大幅に伸びるでしょう。ハイブリッドの投入は考えにくいので、キューブのフルモデルチェンジ、後継車のエンジンはこの線で決まりだと思います。

キューブキュービック復活?大型化は望み薄?

2代目キューブの派生車 7人乗りのキューブキュービックが復活するか否かも注目です。

3列シートの7人乗りとなると、ホンダフリード、トヨタ シエンタが競合になります。となると、両側スライドの搭載など全然違う論点が出てきますので、同じ車種名の派生車として7人乗りが出るのは現実味が無さそうな気がします。

2015年秋頃の発表が期待される新型キューブのフルモデルチェンジ情報に期待してます!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク