マイカーローンとクレジットの決定的な違い

現金でボ~ンと新車を買う方も少なからずいますが、多くは現金一括ではなく、分割払いで買うのではないでしょうか。分割払いにも大きく分けて2つの選択肢があって、マイカーローンとクレジット払いがあります。

ここではどっちが得か?という話ではなく、どう違うのかを解説します。

キャッチ画像

スポンサーリンク

ローンは借金で、クレジットは立て替えて払い

クレジットカード イメージローンは銀行や信用金庫、農協(JAバンク)などの金融機関からお金を借りて、車の代金を支払うことです。購入者がお金を借りて販売店に支払っているので名義は購入者になります。

一方クレジット払いは、オリコやJaccsなどの信販会社に立て替えて払ってもらうことです。ディーラーローンもクレジット払いに分類されます。本人に代わって購入代金を販売店に払ってもらい、それを使わせてもらってる状態なので、所有者は信販会社で使用者が購入者になります。

紛らわしいですが、ディーラーで勧められるローンは販売店が提携している信販会社のクレジットなので、銀行などのマイカーローンとは違います。

ローンの方が金利は低め、クレジットの方が審査が通りやすい

ローンのメリット・デメリット

ローンは金融機関での申し込み・審査が必要になります。必要書類も多く、審査期間も長く比較的厳しいです。ただ、金利はクレジットと比較して低めで、前述のように所有者が自分になるのはメリットです。

更に、給与振込や公共料金の支払いに利用すると金利が低くなるなどの特典もあります。

クレジットのメリット・デメリット

クレジットはなんと言っても手続き・審査が容易な点が大きなメリットです。その反面で金利がマイカーローンよりも高めです。所有権も完済するまで所有者は信販会社、使用者が自分という形になります。

所有権が自分に無いと、返済途中で売却したいと思っても、非常に難しいです。

金利ならローン、速さ・便利さならクレジット

今後、両者のメリット・デメリットを踏まえた、おすすめの選び方を紹介します。

ローン・クレジットは金利と総支払額を比較する
新車の支払いで利用するローンとクレジットの違いや、それぞれのメリット・デメリットは前に紹介しました。では、実際にどうやって選ぶか、どちらが得...
スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク