フォレスター フルモデルチェンジは2017年以降?

フォレスターのフルモデルチェンジが、2016年秋に来るんじゃないかと、ネット上で噂されていますが、逆に2017年以降だという説もあります。

個人的には日本国内のフォレスター フルモデルチェンジは、2017年以降と思います。

フォレスター

現行の4代目フォレスターは、2012年11月の発売です。3代目が2007年~で、2代目が2002年~、、、5年毎にフルモデルチェンジされています。となると、やっぱり2017年11月が有力な気がします。もちろんこんな情報が決め手じゃありません。

スポンサーリンク

フォレスター 2015年・2016年はマイナーチェンジ

2015年10月5日現在、フォレスターの公式ページで、

現行フォレスターの販売につきましては現在、販売店での在庫対応となっております。グレード・オプション・車体色など在庫に限りがございます。詳細につきましてはお近くの販売店にお問い合わせください。

と書かれています。「むむ?11月にフルモデルチェンジか?」と思いますよね?

ちょっと待ってください。

スバルは毎年年改と呼ばれる改良が施され、アプライドモデルの「アプライド●型」と形容されマイナーチェンジされます。●はA → B → Cとアルファベットが入ります。

そして、2015年はビッグマイナーチェンジでアプライドD型フォレスターが発表されると言われています。2016年に最終型のアプライドE型、、、そして2017年にフルモデルチェンジという想定です。

2015年のマイナーチェンジで何が変わる?

2015年のマイナーチェンジでは、

  • アイサイトVer.3への変更
  • 内外装の小変更
  • アドバンストパッケージ
  • ターボモデルのバンパーデザイン変更

が予想されています。

フォレスター フルモデルチェンジでどう変わる?

2014年にジュネーブで公開されたSUBARU VIZIV 2 CONCEPTというコンセプトモデルが、フォレスターのフルモデルチェンジ後の姿だと言われています。

中身はハイブリッド化されて、エンジンはレヴォーグと同じFA16ターボが載る。モーターはフロント1つ、リア2つの3モーターAWD方式を採用する。燃費は現行の15.2km/Lから20km/Lは超えるだろう、、、という説が有力です。

↑この情報が本当になれば、フルモデルチェンジ後のフォレスターは相当楽しみな車になります。今フォレスターの新車購入を考えているなら、遠いようで近いフルモデルチェンジを待つというのも手かもしれません。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク