軽自動車のスライドドアは開口幅で比較しよう!

軽自動車でもスライドドアが便利なのは間違いないと思います。ただ、その開口幅がさほど広くない事は理解しておきましょう。初めて見ると「えっ?こんだけしか開かないの?」と思う人もいるかもしれません。

これは↓スズキ スペーシアのスライドドアです。

スペーシア スライドドア

軽自動車という車格の制限が、明らかにスライドドアの開口幅に影響しています。

スポンサーリンク

軽自動車のスライドドア 開口幅で比較しました。

ダイハツ タント
右側 595mm 左側 605mm
(左側はピラーレスで前後開くと1490mm)
ホンダ NBOX
640mm
スズキ スペーシア
580mm
日産 デイズ ルークス
580mm
三菱 eKスペース
580mm
ダイハツ ウェイク
595mm

こうやって数字で比較すると、580mmというのが平均で、ダイハツが少し広くて、ホンダ NBOXが6cm以上広いという結果になりました。

タントは、左側だけピラーレスになるため、助手席のドアとスライドドアを両方開けると1490mmもの開口幅になります。販売台数を見てもタントが人気の理由はココにもあるかもしれません。ちなみに2位がホンダ NBOXです。

普通自動車の開口幅はどれくらい?

普通自動車のミニバンのスライド開口幅は以下の通りです。

ノア・ヴォクシー
805mm
セレナ
802mm
ステップワゴン
760㎜

やっぱり大きいですね。このイメージで軽自動車を見てはいけません。20cm近くの差があります。そもそもの車格が全然違いますので、この点は理解したうえで見に行きましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク