車の下取りと買取 どっちがお得か?

車の下取りと買取、、、どっちがお得なのか、実体験をもとに考察したいと思います。

h_usedcar_01

車を買い替えるにあたって、値引き額も大事ですが、同じくらい「今の車がいくらになるか」も重要です。そこで、ディーラーや中古車店で下取りしてもらうのが良いのか、買取店で買い取ってもらうのが良いのか、どっちが良いんだ?って話です。

スポンサーリンク

下取り・買取 ケースバイケース でも両方知るのが大事!

私は買い替える際、今の車を62万円でディーラーの下取りに出しました。

そこに決まるまで、↑このディーラーを含めて3社のディーラー、買い取り専門店2社、中古車店1社で査定してもらいました。結果的に一番金額の良かったディーラーに決まりました。

私が回った順番と流れは↓こうです。

ディーラー1
最初「うちでは取れない」買取店に聞いてくれ
ディーラー2
60万で「他社がもっと付けるならうちも頑張る」
ディーラー3
最初「うちでは取れない、外に出して高くて35万」
買取店1
50~60万
中古車販売店
30~35万
買取店2
高くて40万
ディーラー3-2
最初「うちでは取れない、外に出して高くて35万」最終的に32万+自動車税還付
ディーラー1-2
最初「うちでは取れない」最終的に62万円

外車だったんで、なかなか国産のディーラーが下取りしにくいのは分かってました。なので、最初は下取りに関してはほぼ門前払い状態です。それが、最終的に62万にまでなったのは、やっぱり買取店の査定のお陰だと思います。

買取店の最高額を元に、ディーラーを揺さぶる

上の表のディーラー2で60万つけてもらった時点で、「ん?前のディーラーは『取れない』のに、こっちは60か、、、こりゃ期待できるかも」と思って、向かったのが買い取り専門店でした。買い取り専門店でも「トヨタ系のディーラーが60万って言ってました」と言ったからか、同等の査定を付けてもらいました。

ここで「よっしゃ!60万確定!」です。

実は、ディーラー3つのうち、60万を付けてくれた2は3番手で、3か1が希望でした。

この情報を基に、ディーラー3・1にもう一度行って、『ディーラーも買取店も60万って言ってますけど』と言ました。すると門前払い状態だったのが、がぜんやる気になって「査定させてください!」と言うわけです。

それでディーラー1が62万を付けてくれて成約と相成りました。

なんで買取店で売らなかったかというと、納車までに時間がかかると、売却から納車まで車が無くなってしまいます。ディーラーの下取りだと、納車まで待ってくれるか最悪でも納車までの代車を用意してくれるので出来れば下取りが良かったんです。

動くことで交渉の糸口が見えてくる!!

成約したディーラー1の営業マンも言ってました。「●●さんが自分で買取店回って額を出してくれたのが良かったです」と、、、。ベースの額が決まれば、ディーラーとしてはそこに寄せるか、値引きで対抗するか、最悪は買取店に出してもらって、その間の代車も用意する、、、という流れになったはずです。

ですから、買取店での買取か、ディーラーの下取りどっちが得か?という話ではなく、値引き交渉の一つとして情報は多い方が良い、そして自ら動くことで交渉の先行きが見えてくるという話だと思いました。

今はネットから一発で査定出来てしまうので、とっても便利ですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク