軽自動車税の増税はいつ?よくある質問と答え

軽自動車の自動車税が増税されるのはいつから?ってよく聞かれます。そりゃそうですよね、維持費が安いから軽に乗る人が多いワケで、その維持費が上がろうとしているわけですから、気にならないわけがありません。

軽自動車税額の改正について

軽自動車税の増税に関してQ&A方式で答えていきます。

スポンサーリンク

軽自動車税 増税にかんするよくある質問

Q.今乗ってる軽の自動車税が上がるのはいつから?

A.初年度検査が平成27年3月31日以前なら、初年度検査後13年を経過するまで 自家用の乗用で7,200円/年です。

Q.じゃあ、どんな軽の自動車税が増税されるの?

A.初年度検査が平成27年4月1日以降の車両は、平成28年度分から10,800円(これまでの1.5倍)になります。

Q.古い車の軽自動車税が上がるってホント?

A.はい。平成28年度分から初年度検査後13年を経過した軽自動車の税額が上がります。

Q.平成28年度から高くなる古い軽自動車は何年式?

A.平成28年度に軽自動車税が上がるのは、平成15年3月以前(3月を含む)に初年度検査を受けた車で、自家用 乗用で12,900円(これまでの約1.8倍)になります。

Q.営業用乗用・営業用貨物・自家用貨物も増税されるの?

A.はい。それぞれ、営業用乗用5,500円 → 6,900円・営業用貨物3,000円 → 3,800円・自家用貨物4,000円 → 5,000円 になります。

Q.原付やオートバイも増税されるの?

A.はい。平成28年度から、50cc以下の原付は1,000円 → 2,000円・250cc以下の二輪2,400円 → 3,600円・250cc超の二輪4,000円 → 6,000円になります。

Q.確認だけど、2015年4月1日以降に登録された新車が増税対象だから、それより前のうちの軽は増税されないよね?

A.はい。でも13年経過した車は平成28年度から増税(経年重課)されます。具体的に平成28年度から増税されるのは平成15年3月以前に初年度検査をした車両です。

年式の比較的新しい中古軽自動車ならしばらく7,200円/年

平成27年4月1日以降に初年度検査をした車両(=新車)が増税対象ですから、初年度登録が平成27年3月31日以前の軽自動車を中古で買えば、その車が13年経つまでは軽自動車税が7,200円のままです。

年にして3,600円の差ですが、安いに越したことはありませんから、中古の軽の購入を考えてる方は2015年3月31日以前の中古車を探しましょう!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク