車 ガラスのウロコ(水垢)を取る方法と注意点

車のガラスに付くウロコを取る方法と注意点を紹介します。

まず、私の車のウロコ取り前の状態をご覧ください。酷いですよね?

車 フロントガラス ウロコ

正面から日光を受けたときの見にくさと言ったらなかったです。コレが夜とか雨になると本当に見にくくて危険でした。どういうワケか新車で買って1年半でこの状態ですから、「なんとかしなきゃ」と思ってウロコ取りをしました。

私が使ったのはシュアラスター ガラスコンパウンドです。

シュアラスター ガラスコンパウンド

どちらも、超微粒子のコンパウンド(研磨剤)でガラスの表面を研磨して、ウロコと呼ばれる水垢・ウォータースポット・イオンデポジットを取り除く仕様です。もちろん油膜も取れます。値段は後者の方が安いですね。

スポンサーリンク

車 ガラスのウロコ取りの方法

まず、ガラスを入念に洗って水けをきり、タオルで拭いて乾燥させます。

ガラスコンパウンド スポンジ

付属のスポンジの柔らかい方に適量つけて、ガラスをこすります。

この時、出来るだけ力を入れず、軽く軽~く縦横にこすります。説明書にも書いてありますが、30cm四方くらいずつ施工します。↓私は30cm四方より広めの6分割しました。

ガラスコンパウンド 使い方

こすり始めは溶液の水分があるので滑らかにスポンジを動かせますが、少しすると水分が乾いて抵抗が強くなります。

この時に無理に力を入れて擦ると傷が付きます。あくまでこするのは軽くです。

↓写真左側の水を全く弾いていない部分が施工済みの部分です。

ガラスコンパウンド 使用後

施工することでガラコなどのコーティングも全部取れるので、一切水を弾かなくなります。

私が施工した感覚では、こすり始めにはウロコの形がハッキリ見えて、こすり続けるうちにそれが薄くなります。1回流水とウェスで流してもう1周り施工した時にウロコがキレイに取れました。

車 ガラスのウロコ取り【まとめ】

今回初めてのウロコ取りでしたが、意外と時間も体力もかかるというのが感想です。

1回ではキレイに落ちなかったので2周したし、VOXYのような車だと手が届かないので、脚立を使って不安定な姿勢での作業になります。焦って強くこすりすぎると傷が残りますので、時間と体力に余裕のある時に施工しましょう。

でも、ガラスコンパウンドをすると本当にフロントガラスがキレイになります。おすすめです!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク