中古車購入時の諸費用のチェックもお忘れなく!

中古車は誰しも安く買いたい!と思っています。「安く、安く」と思って車両本体価格だけを見て決めてしまうと、驚くほど諸費用が高くて唖然、、、。なんてケースが増えています。

諸費用

なぜかというと、価格競争が激しいからです。今の時代は、購入者がインターネットや中古車情報誌を使って、全国規模で価格比較しています。そこで表示価格が安ければ自然と目立ちます。諸費用も含めて乗り出し価格が適正ならそれでいいんですが、中には諸費用で帳尻を合わせている業者さんもいるようです。だから、購入を決める前に諸費用のチェックが大切です。

スポンサーリンク

法定費用(税金・保険など)とその他(←こっちが大事)

諸費用にはどの店で買っても同じ法定費用と、販売店によって呼び名も金額も異なるその他の費用があります。まずはサラッと法定費用がいくらかかるか見てみましょう。


HONDA ステップワゴン 2011年(H23年)式 車検なし 排気量:1997cc
新車時の価格例:250万 車両重量:1700kg 取得月:7月

自動車税
自動車税は年度途中での購入の場合、登録の翌月から年度末までを納税します。2000cc以下を7月に買った場合26,300円です。
自動車取得税
中古車の場合、新車時の価格(メーカー発表の価格)に0.9を掛けて、更に年式によって指定された残価料率と掛けて算出された取得価格に対して税がかけられます。今回の例の場合、250万×0.9×0.215=48万3,750円 が取得価格になります。取得価格が50万円以下の場合、取得税は免除されます。ですから0円です。
自動車重量税
車検が残っている中古車の場合必要ないですが、今回の例の場合新たに車検を取るので必要になります。車両重量1700kgで2年だと50,400円です。
自賠責保険料
自賠責の期間と車検の期間はセットなので、車検が残っている場合必要ないです。今回の場合車検無しですから、新たに2年分30,680円必要です。
消費税
法定費用以外のほぼすべての費用に消費税8%が発生します。

法定費用以外のその他の諸経費

登録費用
名義変更やナンバーの変更など、販売店に登録を代行してもらう費用です。印紙代も含めて12,000円~24,000円程度が相場です。
車庫証明費用
車庫証明の取得・申請を販売店に代行してもらう費用です。印紙代も含めて15,000円弱程度が相場です。
リサイクル料金
自動車リサイクル法によって定められた車の廃棄処分のための費用。前所有者の預託済みの場合でも、預託金相当額を負担する場合が多いです。今回の例の場合約13,000円程度です。

ここまでで、16万円弱の諸費用が発生しています。今回の場合車検無しで新たに車検を取るので、法定整備(24ヶ月)費用(3万~5万)もプラスされます。全部別だった場合、20万円も諸費用が必要になります。そこに任意保険料も必要になります。

購入を決める前に支払い総額のチェックを!

車両本体価格の安さだけでなく、支払総額のチェックも確実に行いましょう。当然ですが、120万円が予算なのに、車両本体価格だけで120万いっぱいの中古車を選んでしまうと確実にオーバーしますので要注意です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク