新車を買うメリット 中古車とはココが違う!

新車を買うメリットは、今まで中古を乗り継いできた人にとって、なかなかイメージしにくい点だと思います。メリットよりも、実際にカタログや価格表を見た時の値段の高さが気になるはずです。そして「えっ!?こんなに高いの?」と後ずさりしているのではないでしょうか?

今回は、これまで中古車を買ってきた人に、新車を買うメリットを紹介します。

スポンサーリンク

まず、新車と中古車の価格差を見てみよう!

新車 トヨタ ノア Si 4WD 7人乗り 車両本体+オプション 3,429,285円(税込)
スペアタイヤ・フロアマット・サイドバイザー・ナビ・ETC 純正オプション

中古車 トヨタ ノア Si 4WD 7人乗り 本体価格 2,480,000円(税込)
2013年式(H25)走行距離:3.2万キロ 車検1年付き フルセグTV HDDナビ ETC付き

新車の方は、カタログの価格表を、ただ足しただけで、中古はカーセンサーの偶々ヒットした車を例に挙げました。新車購入時の値引きなども考慮していませんが、2年で約100万の価格差が現れました。

さて、この100万の価格差を新車のメリットがどう補うかご覧ください。

新車だからこそ自分好みを追求できる!

新車はグレード、カラー、オプションなどを自分の好みだけで選べます。中古車の場合、グレード・カラー・オプションなどが100%マッチした上で、年式・走行距離・価格も納得できる車を見つけることは至難の業です。

例えば、上で例に出したノアですが、本当はGグレードの8人乗りが良かったのに、Siグレードの7人乗りしか私が見た時は見当たりませんでした。(年式・走行距離の制約あり)

欲しい車を、本当に欲しい形に仕上げられるのは、やっぱり新車だからこそのメリットです。

新車はリセールバリュー(=再販価値)が高い=乗り換え易い

リセールバリュー(=再販価値)は見逃せません。要は、3年後・5年後に乗り換えようと思った時、下取りや売却価格が新車の方が高いという事です。

H27年式の新車を買えば、5年後のH32年には単純に5年落ちです。ただ、今中古のH25年式を買えば7年落ちになってしまうわけです。必然的に走行距離も伸びますし、リセールバリューが下がるのは当然です。

となると、次に買う車が同じ価格だったと仮定すると、持出し額が増えるわけです。これは、3年~5年という短いスパンで乗り換える場合のメリットです。

ハズレを掴むリスクが低く、長期保証が手厚い

新車は言わずもがな新品ですから、ハズレを引いてしまうリスクは低いです。中古は、前の持ち主の乗り方やメンテナンスの質でハズレを掴む可能性は少なくありません。その場合、故障が相次いで修理費用が嵩む、、、なんてこともよくある話です。

新車は3年・6万キロ若しくは、5年・10万キロという保証が付きます。オイルなどの消耗品や事故は別ですが、自然発生した故障は無料で修理してくれます。

新車の故障・修理への安心感は抜群です。

まとめ

他にもエコカー減税で自動車取得税・自動車重量税・翌年度の自動車税が軽減される点も新車のメリットと言えます。

色々上げましたが、自分好みに仕上げた真新しい車を思う存分楽しめるのが一番のメリットだと思います。クレジットやローン・残クレなど支払い方法を工夫したり、下取り車があるなら買取価格を出来るだけ上げる、値引き交渉するなど、手を尽くして新車を買う検討してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク