車の色は人気よりメンテし易さで選ぶのがおすすめ

車の色は新車を注文するときに非常に悩みます。同じ車種でもボディカラーでイメージが全く違いますからね。

私は一昨年新車で買ったヴォクシーをオーシャンミントメタリックというカラーにしました。ヴォクシーと言えば黒か白が人気なのは百も承知でこの色にしました。

フルモデルチェンジして、こういうライトなカラーが無くなってしまったので現行のVOXYでは選びようがないです。強いて言えばシルバーメタリックくらいでしょうか。

私が選んだ車の色はいいとして、今回は車の色の選び方について解説します。

スポンサーリンク

車の色 人気カラー

車の色の人気カラーベスト3は

  1. ホワイト(34%)
  2. ブラック(22%)
  3. シルバー(13%)

です。

このデータは、世界的な塗料メーカーで乗用車向け輸送用塗料を供給しているアクサルタ コーティング システムズという会社が、毎年発表している自動車人気色調査報告書の2016年版の日本の順位と割合です。

ホワイトはソリッドホワイトが7%・パールホワイトが27%、ブラックはソリッドブラックが8%・エフェクトブラックが14%でした。白・黒・シルバーの3色で69%を占めているわけですから圧倒的です。

ちなみにその下は

  • ブルー:8%
  • レッド:6%
  • その他:6%
  • ブラウン/ベージュ:5%
  • グレー:4%
  • イエロー/ゴールド:1%
  • グリーン:1%

という結果です。

私の選んだグリーン系は1%という結果です。実際に運転していて同じ色のヴォクシー・ノアとすれ違う事は非常に稀です。

メンテナンスしやすい車の色は

車の色で人気のホワイト・ブラックは、メンテナンスが難しいです。

特にブラックは本当にメンテナンスが大変です。キレイに手入れされているブラックは高級感があるし、他のどんな色よりも綺麗に見えます。

水垢・泥はね・埃が目立つので、洗車をしたくなりますが、下手な洗車やワックスがけをすると小傷がすごく目立ちます。具体的には、ボディに残っている埃や砂、スポンジやモップに付着した固い物が、塗装面を傷つけて白っぽく反射しているのが小傷です。

新車の時点でコーティングして、毎年専門店でメンテナンスするのがベストです。

買い替える時に他の色より高い下取り査定額がつきやすい黒ですが、本気でキレイに維持したいと思うと、それなりに費用も時間もかかります。

ホワイトもメンテナンスが難しい色です。水垢や泥はねが目立つし、ミラーの下などに水が垂れ落ちた痕が付きやすいです。

ただ、洗車による小傷が目立ちにくいのでブラックほど洗車に気を遣わなくて済みます。ブラックと同じくらい傷がついていても目立たないのがホワイトです。

一番汚れが目立ちにくいのが、シルバー・ガンメタ系です。

埃や水垢に近い色ですし、ブラックのように小傷が反射して目立つこともありません。

私のヴォクシーのオーシャンミントメタリックもガンメタ的なメリットがあります。

車 鉄粉

尚且つ、シルバー・ガンメタほど落ち着いた色じゃなく個性的で、駐車場で見つけやすいし間違うことがまずありません。本当に気に入っています。

実はヴォクシーの前は、濃紺のSUVに乗っていたんですが、黒ほどじゃないですが洗車による小傷がすごく目立って、素人洗車では傷が減らないので、洗車後の達成感が全然ありませんでした。

2、3日もすると薄っすら埃をかぶってキレイに見えなくなりますしね。

私のようなズボラな人は、ブラックや濃い色は選ばない方がいいでしょう。ライトなメタリックカラーがおすすめです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク