シエンタ フルモデルチェンジでこう変わる!?

シエンタはフルモデルチェンジが2015年7月と予想されています!

シエンタ 2003年~

現行は2003年に発売されて12年間フルモデルチェンジされていません。2006年にマイナーチェンジされて、2010年11月に販売を一旦終了し~翌5月まで販売休止されました。2011年6月から再販されているのが2度目のマイナーチェンジした後期型の現行モデルです。

販売店はカローラ店のみです。5ナンバーの7人乗りコンパクトミニバンで排気量は1500cc、競合車はホンダ フリードです。

フリードが2008年発売で、2014年4月にマイナーチェンジされたモデルが最新です。このフリードが兎に角売れていて、今回のシエンタのフルモデルチェンジはフリードを相当意識したものになると言われています。

スポンサーリンク

アクアのハイブリッドシステム搭載は確実

フリードのハイブリッドを意識して、新型シエンタはアクアに搭載さてているハイブリッドシステムを搭載し、当然のことながら現行モデルより相当燃費が良くなるはずです。JC08モード燃費が27km/L前後になりそうです。

現行のフリードハイブリッドがJC08モード燃費21.6km/Lですから大きく引き離します。

新型シエンタはアクア+両側スライド+7人乗り

見た目は現行の可愛らしい雰囲気から、アクアベースで両側スライドドアを付けたスタイリッシュな雰囲気に変わると言われています。7人乗りハイブリッドだとプリウスαが有りますが、スライドドアじゃないし全幅が1775mmで5ナンバーサイズじゃありません。

手頃なサイズの7人乗り+両側スライドドアのハイブリッドが欲しい、、、という少人数家族向けの需要を満たしたモデルチェンジになるでしょう。そこを丸ごとフリードに持って行かれていた状態ですから、、、。

現行の全長が4100mmですが、もう少し伸びて3列シートの居住性は上げてくるでしょう。フリードの全長が4215mmですから、同等以上になるはずです。対抗したいフリードより狭い印象を持たれるのだけは避けたいはずですからね。

ハイブリッドだけでなく、1.5Lのガソリン、4WDも有るようです。燃費の予想はそれぞれJC08モードで20km/Lと18km/L程度と予想されています。

フリードを後追いしまくったフルモデルチェンジ?

2015年末か2016年2月頃のフルモデルチェンジが予想されているフリードですが、とりあえず現行のフリードを意識しまくったシエンタのフルモデルチェンジになるでしょう。フリードは、流行りのダウンサイジング・ターボの1.0Lエンジンで燃費が30kmを超してくるのでは?とも言われています。

目の前にないモノを意識することもできませんので、現行と比較して5ナンバー コンパクト両側スライド 7人乗りミニバンとしては魅力的な車になりそうです。新型シエンタに期待してます!

2015年6月15日 追記

シエンタ フルモデルチェンジの全容
シエンタのフルモデルチェンジの全容が明らかになってきました。最新の自動車情報誌7月号は、こぞってシエンタのフルモデルチェンジの内容を書いてま...

2015年7月22日 追記

新型シエンタ【写真あり】モデルチェンジ後の評判は?
新型シエンタをネッツ店で見てきました。カラーはレッドマイカメタリックでした。CMや広告で見る蛍光イエローみたいな色はエアーイエローと言うみた...
スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク